生活の中で足を組んで座るのを避ける

生活の中で椅子の肘置きをうまく使えているか

生活の中で足を組んで座るのを避ける オフィスには複数の形の椅子が用意されているかもしれません。まず平社員の椅子です。オフィスの中で大半を占めます。オフィスチェアですが肘置きはありません。そして管理職の椅子には肘置きがついています。会社曰くステイタスとして役職者には肘置きをつけているようです。重役、社長クラスとなると椅子の材質が変わることがあります。革製などのこともあります。もちろん肘置きがついています。

肘置きの役割は別に偉そうに座るためにあるわけではありません。かつては殿様などが威厳を保つために使っていたこともあったかもしれません。現在はより人間工学などを考えて使われています。社員のことを考えるなら平社員にも肘置きを付けることを検討した方が良いくらいです。なぜ肘置きを設置した方がいいのか、そしてどう使えばよいかです。

生活の中では、肘置きはデスクで作業をするときに役立ちます。そのため肘置きとデスクの高さを合わせます。人にもよりますが肘置きはやや内側を向くように設置しておきます。パソコンのキーボードを操作するとき、自然に肘が肘置きに置かれている状態にします。すると手から腕にかけての負担を減らすことができます。体への負担も少なくなり、体の不調も減るかもしれません。

Copyright (C)2019生活の中で足を組んで座るのを避ける.All rights reserved.