生活の中で足を組んで座るのを避ける

生活に必要なパソコン使用の姿勢を考える

生活の中で足を組んで座るのを避ける パソコンは今や家電製品の一つになっています。かつては会社などで特別な業務でしか使われることがありませんでした。現在は小学校では実習があります。大学などになるとパソコンの技術を習得するのとは別に授業の中で教材として利用されることがあります。これからもパソコンはなくてはならない道具として使われ続けることになるでしょう。

パソコンは元々はデスクトップ型が主流で、本体、ディスプレイ、キーボードなどが別になっています。デスクの上に置いて使い、座った姿勢に合わせておけば使いやすくなります。現在はノートブック型が多くなっていて、デスクの上だけでなく膝の上に置いて作業をする人もいます。生活の中では必ずしもいい姿勢とは言えない場合があります。

良い姿勢のためにはディスプレイは目線より少し下気味にします。そして肘は90度にまげてキーボードの操作ができる程度に椅子の高さを調節します。椅子には肘置きを設置してそこに肘を置きます。足は両足がきちんとつくような高さで、椅子と腰の間には隙間が入らないようにしておきます。椅子と腰の間に隙間があるときにはクッションなどを置いて隙間を埋めるようにすると安定させることができます。

Copyright (C)2019生活の中で足を組んで座るのを避ける.All rights reserved.